ゴルフ場もガンバっています!

緊急事態宣言も解除されましたが、まだまだ油断できない生活は続きそうですね。どちらにしても、もう新型コロナとは共生せざるを得ないのは明白で、コロナ警戒のライフスタイルもかなり身に付き「ニューノーマル」を意識しながらゴルフプレーを楽しんでいけたらと願っています。各ゴルフ場も新型コロナ感染防止のため、可能な限り取り組みをしながら頑張って営業されています。例えば先日お邪魔した「札幌カントリー倶楽部(真駒内、滝の、羊ヶ丘)」は、スタッフのマスク着用は当然ながら、入場前の検温、入場時の消毒推奨、フロント受付のシールド設置及び床にはソーシャルディスタンス用の目印、レストラン内テーブルのアクリル板設置及び各席のスペース確保等(もちろん絶対安全という保証はないですが)安心感が得られます。全国では、時間短縮の一環として「スループレー」へのニーズが高まっていますが、北海道は元々スループレーが主体なので、これは NO PROBLEM。ゴルフは運のいいことに屋外での、密にならないスポーツです。あとは浴室やレストランなど、屋内での密になりやすい空間をどのように過ごすのかということが、各施設の対策も然り、各々の判断も大事になってきます。少なくともワクチンや特効薬が開発されるまではこの状況が続くと思われます。不自由に感じる部分もあると思いますが、コロナは収束させてもゴルフ熱は収束させないよう、皆様よろしくお願いします!